infy [インフィ]

【ついに死者が】韓国で感染拡大している『MERS』が強敵すぎる!!!

【ついに死者が】韓国で感染拡大している『MERS』が強敵すぎる!!!

中東で発見された新型ウイルス「MERSコロナウイルス」が隣国で猛威をふるっています。対策を急げ!!

| 1,163views
お気に入り追加 0
MERSコロナウイルスは「二類感染症」 NHKニュース

6月3日付けの発表で、30人感染2人死亡となった「MERS」。
韓国で感染を拡大させているこのウイルスですが、
これがとてつもなく厄介なものなのです!!

「MERSコロナウイルス」とは?

中東から運ばれてきたウイルス

中東から運ばれてきたウイルス

はじまりはドバイから
戻ってきた男性だったとか
・MERS(中東呼吸器症候群)とは
新種のコロナウイルスによる感染症で、
感染すると平均1週間程の潜伏期間を経て
肺炎や下痢などの症状が現れます。
潜伏期間もそこそこ長め。
10日前後とも言われています。
WHOによると、致死率は30〜35%。
もしかしたらもう少し高いかもしれないです。
そして何よりも恐ろしいのが二次感染、三次感染です。
韓国ではすでに三次感染が確認されており、
その感染力はかなりのものだといえます。

6/5追記
三次感染者の患者さんが亡くなりました。
ウイルスの遺伝子変異により感染力が高まっているのではないかと推測されます。

ずいぶん前に感染が広がった「SARS」との違い

どちらも”コロナ”ウイルス

どちらも”コロナ”ウイルス

しかし遺伝子レベルでは別物
SARSは「重症急性呼吸器症候群」といわれ、
MERSに比べると潜伏期間が短いのが特徴です。
しかし重い肺炎を起こすという共通点があるため
今回の感染拡大を「SARSの再来ではないか?」と
危惧する声もあがっています。

対処法は?ワクチンはないの??

確立した治療法は見つかっていない

確立した治療法は見つかっていない

どうすりゃいいのよ!!!!
確立した治療法やワクチンはなく、
今のところ陰圧室など防護体制の整った医療機関での
対症療法に限られてしまっています。

これじゃ感染者は死を待つだけじゃないか・・・

感染拡大を食い止めるためには

とにかく「触れない」こと!

とにかく「触れない」こと!

そして触れさせないこと
ウイルスをこれ以上拡げないためには
・現在感染が確認されている地域に行かない。
・感染者を隔離する
といった措置が求められますが、
なんせ中東にはアジア資本の会社も多く、出張する人も多い上に
「MERS」は潜伏期間が長い分、気づかないうちにたくさんの人に
ウイルスをばらまいちゃう危険性が高いので
どうしても対応が追いつかなくなってしまうのです。

現に韓国で死亡した患者は2人とも最初に感染した患者と
同じ病棟にいた、いわゆる”二次感染者”です。
(なんで最初の患者を隔離しなかったんだというツッコミは無しで)
24 件

関連するまとめ

手荒れがひどい!看護師のための乾燥対策って?

手荒れがひどい!看護師のための乾燥対策って?

| 2,741views
実践したい!職場のインシデントを予防する工夫3選

実践したい!職場のインシデントを予防する工夫3選

| 180views
明日は日勤なのに・・・!二日酔いにならないための対策法

明日は日勤なのに・・・!二日酔いにならないための対策法

| 80views
いま「ドライネイル症候群」が流行中?

いま「ドライネイル症候群」が流行中?

| 186views
ケアしてもできる…「褥瘡」ができるメカニズム

ケアしてもできる…「褥瘡」ができるメカニズム

| 95views

このまとめのキーワード