infy [インフィ]

離職した人必見!看護師の届出制度をおさらいしよう

離職した人必見!看護師の届出制度をおさらいしよう

看護師の届け出制度についての内容と申請方法をまとめました。

| 401views
お気に入り追加 0
看護師の届け出制度という制度をご存知でしょうか?

転職などを理由に看護職を離れた際は、
ナースセンターにその旨を届け出る努力義務があるようです。

制度の内容や、
申請の方法について調査してみました。

看護師の届け出制度ってどんな制度?

Ask More Questions Signage · Free Stock Photo

看護職の復職試験を、円滑に行う目的で
2015年10月から実施が開始された制度です。
看護師が離職をした時、
氏名・住所・免許番号などの情報を
ナースセンターに届け出る努力義務があります。

届け出後は、各都道府県のナースセンターが
復職のサポートを行ってくれます。
次の転職先が決まっていない場合に、
有利な情報を提供してくれるので、
できるだけ申請をしたほうが良いみたいです。

また、しばらく看護職に復帰しない状況でも
申請だけでもしておけば
必要になった時に求職情報を配信してもらえるようです。
離職者時などに届け出た看護職へ都道府県ナースセンターが離職者に状況に合わせた支援を行うことで、看護職としての切れ目のないキャリアを積むことができるよう支援を行います。

届け出を行う際は、届け出サイト「とどけるん」から!

Free stock photo of app, blur, business

届け出はWEBサイトから行うことができます。
またWEBサイトから申請をすることが難しい場合は、
ナースセンターへ直接書類を提出することも可能です。

WEBサイトを利用するには事前にユーザー登録が必要です。
「とどけるん」にユーザー情報を登録すると、
最寄りのナースセンターから様々な情報が
配信される仕組みになっています。
復職のサポートとして、求人情報のみでなく
研究や相談会の企画情報や、
同じく看護の現場で働いている人の
復職ストーリーをフィーチャーした
コラムなども配信されているみたいです。

看護の現場から離れている身だからこそ
必要になる情報が数多く配信されています。
触れておく価値がある情報ばかりなので、
離職した際は登録しておくと良さそうです。

本人じゃなくても、届け出をすることができる!

Free stock photo of agreement, business, businessman

本人からの自己申請以外だけでなく、
離職前の就業先や、
資格取得前の養成所の設置者が、
代理申請を行うことができます。

届け出は努力義務の課せられた制度なので、
必ず申請しなければならいない
ということではありません。
ですが医療・看護現場のさらに発展と、
看護師の復職のサポートを元に打ち出された制度なので、
離職前の就業先や、
資格取得前の養成所の設置者から
代理申請の申し出が出た際は、
申請に対して前向きに検討してみてくださいね。

WEBサイトから簡単に申請ができるようになっているので、
代理申請をお願いするよりも、
就活という観点から自己申請を行ったほうがベストかもしれません。
看護師は専門職になるので、
一般企業に勤める人より新しい転職先が
見つかりやすい傾向なのかもしれません。

ですが、就活に活用できるものは
何でも活用していったほうが、
より好条件の職場が見つかるかもしれませんよ!

ぜひ「とどけるん」から申請を行ってみてくださいね。
12 件

このまとめのキーワード