infy [インフィ]

後輩に伝えたい…看護師に必要なプロ意識を教えるコツ

後輩に伝えたい…看護師に必要なプロ意識を教えるコツ

看護師の中には、後輩に技術などのノウハウだけでなく、プロ意識を持ってほしいと思う方もいます。

| 251views
お気に入り追加 0
看護師として働く際、新人研修で
後輩の指導を行っていく場合もあります。

新人研修では知識や技術を伝達するだけでなく、
看護師に必要なプロ意識を持たせるのも大事です。
今回はそれを教えるコツを紹介します。

褒める時は褒める、注意する時は具体的に

後輩を指導していく際、何かを
褒める所から始めます。

それにより、相手のモチベーションを
下げないようにします。

褒めた後で注意していきます。
その際、間を置かずにすぐにします。
内容も抽象的なものでなく、
具体的でないといけないです。

相手に伝わるようにすることが
指導していく中で求められます。

勿論、褒めるだけでなく、時には怒
らないといけない場面も出てきます。
いきなり「ここを直してね」と言ってしまうと「ダメだしされた!」と受け取られてやる気に水を差しかねません。フィードバックをするときは、何かひとつほめてからにしましょう。

聞く姿勢を作ることが大事

後輩と接していく中で相手の姿勢だけでなく、
自分も後輩の話を聞く姿勢になることが大事です。

後輩が先輩の看護師の聞く姿勢次第で、
モチベーションを落とす場合もあります。

後輩の看護師がなぜそれを行ったのかなどを
理解することで適切な指導を行えます。
指導の中でプロとしてどういう姿勢を
持たないといけないかを伝えたりできます。
先入観にとらわれると、新人の話を聴くことができなくなり、途中で口をはさんだりしてしまいます。

後輩の知識・技術などスキルを把握する

指導を行う前に後輩の看護師の知識や
技術はどの程度かを把握することが大事です。
それにより、どのような指導を行わないと
いけないかが見えてきます。

人によって伸び方が違うので、それを
いかに引き出すかがポイントになってきます。
相手は何ができて、何ができないのか把握して指導にあたってください。そうすることでそのスタッフを知ることにもなり、どのような指導が必要か見えてきます。

自主性を持たせることが大事

22 件

関連するまとめ

もうすぐ看護師2年め!プロ意識をもう一度持つためにするべきこと

もうすぐ看護師2年め!プロ意識をもう一度持つためにするべきこと

| 165views
看護師がプレッシャーを感じるときってどんなとき?乗り越える方法

看護師がプレッシャーを感じるときってどんなとき?乗り越える方法

| 40views
看護師の90%がパワハラを受けている?

看護師の90%がパワハラを受けている?

| 69views
看護師の目標管理は大切!上手な目標の設定方法

看護師の目標管理は大切!上手な目標の設定方法

| 71views
清潔感のある顔って?看護師が今すぐ真似したくなるメイクを紹介!

清潔感のある顔って?看護師が今すぐ真似したくなるメイクを紹介!

| 100views

このまとめのキーワード