infy [インフィ]

収入アップも狙える!看護師が副業を始めるポイントと注意点

収入アップも狙える!看護師が副業を始めるポイントと注意点

看護師として働いている中で副業を行って 収入を上げたい方も一定数います。

| 3,044views
お気に入り追加 0
多くの方が副業を行っており、
看護師も例外ではないです。

今回は看護師が副業を行う上でのポイントと
どこを注意すればいいのか紹介させて頂きます。

この記事を通して、副業に関する疑問を
解消できれば幸いです。

事前に就業規則を確認する

病院などの就業規則の中で
副業が禁止されていないか
事前に確認する必要があります。

禁止されている場合、解雇される
可能性も出てきます。

就業規則に副業が認められていたら、
行っても大丈夫です。その際、
シフトに穴を開けるなど、業務に
支障をきたさないようにします。

公立病院の場合は公務員としての扱いになるため、
法律違反となります。

非特定独立行政法人や一般地方独行政法人化している
市立病院などは公務員ではないので、副業を行えます。

勿論、副業を行う前に就業規則で禁止となっていないか
確認するのは大事です。
就業規則ですので、副業が禁止されているのにも関わらず、副業していると、減給や解雇の対象になることはありますので、気をつけなければいけません。

確定申告を忘れずに行う

副業を行う際は確定申告が必要となります。
条件として、副業を1年間行って得た金額が
20万円を超えている方が対象です。

もし、忘れてしまうと脱税や申告漏れになってしまいます。
最悪の場合は職を失ってしまいかねないです。

なので、年末調整などの際に確定申告を行い、
脱税や申告漏れを防ぐことが大事になってきます。

毎年2月中旬から3月中旬の間、税務署もしくはインター
ネットで行えます。

収入が20万円以下という場合、元々の職場で年末調整を
していたら確定申告を行う必要は原則ないです。

ただし、住民税は対象外となるので、普通徴収にして
自分で支払う必要があります。

マイナンバー制度が始まっても、確定申告と住民税を払
っていたら、職場に知られることはないです。
副業で得た所得は20万円以下であっても確定申告することで税金が戻ってくることもあるので、覚えておきたいところです。

職場から離れた場所で行うのが大事

副業を行う場所によって、職場の方に
知られてしまう可能性も出てきます。

もし知られると良い顔をされないことも
少なくないです。

なので、職場から離れた場所で副業を行い、
職場の方に見つかる可能性を減らしておくのが
重要になってきます。
副業先となる病院やクリニック、介護施設は不特定多数の人が出入りしますので、いつ誰に目撃されるかわからないのです。
副業で生活の質を上げる際、体調管理や就業規則の確認、確定申告など
必要最低限のことを行うことが大事になってきます。
14 件

関連するまとめ

副業しても大丈夫なの!?看護師のダブルワークの注意点とは

副業しても大丈夫なの!?看護師のダブルワークの注意点とは

| 2,914views
【看護師が副業をするために】知っておきたい5つのこと

【看護師が副業をするために】知っておきたい5つのこと

| 1,072views
【看護師の単発バイト】で気軽に稼ぐ? 意外な仕事内容と探し方

【看護師の単発バイト】で気軽に稼ぐ? 意外な仕事内容と探し方

| 5,611views
面接でも聞かれる?看護師なりたい理由・なった理由とは

面接でも聞かれる?看護師なりたい理由・なった理由とは

| 483views
こんな便利なアプリがあったの!?ナース御用達の優秀スマホアプリまとめ

こんな便利なアプリがあったの!?ナース御用達の優秀スマホアプリまとめ

| 526views

このまとめのキーワード