infy [インフィ]

小中学校にも看護師配置?その実態と仕事内容とは!?

小中学校にも看護師配置?その実態と仕事内容とは!?

「障害者差別解消法」の施行に伴い、小中学校への看護師の配置が増えています。その実態をご紹介します。

| 678views
お気に入り追加 0
障害を持つ子供が普通の学校に通うケースが、
増えていることがニュースになっています。
それには看護師のケアが必要不可欠です。
小中学校に配置される看護師の仕事内容などをご紹介します。

なぜ小中学校に看護師が必要なのか

【学校】教室|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

今まで、小中学校には養護教諭が配置されているだけで、
看護師が配置されるということは、
ほとんどありませんでした。

現在は「障害者差別解消法」が施行されたことに伴い、
学校側も看護師を配置するなど対応をはじめ、
医療的ケアが必要となる児童が
普通の学校に通うケースが増えてきています。
医療的ケアが必要な児童に対応するため、特別支援学校および小中学校に看護師を配置する流れが加速しています。

小中学校での看護師の仕事内容

母親と指差す娘1|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

小中学校に配置された看護師の仕事内容は、
医療的ケアを必要とする児童の対応です。
具体的には、たんの吸引といった呼吸器系のケアや、
経管栄養などの栄養関係、導尿のサポートが多いようです。

また、修学旅行や運動会などの学校行事で、
付き添いなどを任されることもあります。
通常の小中学校においても、医療的ケアが必要な児童が増えています。通常の公立学校に通う、医療ケアが必要な児童は976人。必要な医療的ケアは「たんの吸引」が半数で、「導尿」「経管栄養」がそれぞれ2割です。

小中学校で働く際のメリットとデメリット

笑顔でソファにもたれかかる家族1|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

小中学校で看護師として働く際のメリットといえば、
残業などもほとんどなく、
勤務時間が限定されているということです。
基本的に、子供たちが学校にいる間だけの仕事ですし、
学校によっては、夏休みなどの長期休暇は休みになるので、
家族との時間も大切にしたい看護師には理想的です。

デメリットは、その分お給料が安くなるということです。
病棟勤務の看護師のような、お給料は到底望めません。
事務作業などはありますが、教師のように子どもたちが帰った後に膨大な仕事が残るわけではないので、基本的には残業がないケースの方が多いでしょう。
今後ますます増えていくと思われる、
小中学校への看護師配置。
仕事の内容的には、
楽な仕事と言えると思います。
お給料は少なくてもいいから、
自分の時間を大事にしたいという人にはオススメです。
14 件

関連するまとめ

【4月23日、4月30日開催】訪問看護に興味がある看護師必見!!無料訪問看護セミナー!

【4月23日、4月30日開催】訪問看護に興味がある看護師必見!!無料訪問看護セミナー!

| 71views
10歳の白血病の少女考案!バンドエイドディスペンサーが画期的すぎる!!

10歳の白血病の少女考案!バンドエイドディスペンサーが画期的すぎる!!

| 7,724views
医師のアシスタント!? MS(看護師事務補助業務)ってどんな仕事?

医師のアシスタント!? MS(看護師事務補助業務)ってどんな仕事?

| 217views
過酷な現場での処置…「フライトナース」の責任とやりがい

過酷な現場での処置…「フライトナース」の責任とやりがい

| 218views
【今話題!】看護師と訪問看護のマッチングサービスって?

【今話題!】看護師と訪問看護のマッチングサービスって?

| 265views

このまとめのキーワード