infy [インフィ]

【増えつつある「看多機」】そもそも「看多機」って知ってる?

【増えつつある「看多機」】そもそも「看多機」って知ってる?

自宅療養の新しい形、看多機の内容を紹介します。

| 649views
お気に入り追加 0
訪問看護・看護小規模多機能型居宅介護と呼ばれる、
在宅看護のサービスをご存知ですか?
患者さんの自宅療養をより安全に行うための制度です。
看護師さんの新しい働き方、その中身を見てみましょう。

訪問看護も対象となった新しい在宅療養の形

車椅子の男性と介護士23|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

訪問看護・看護小規模多機能型居宅介護、
通称看多機は、2012年から実施されている
在宅医療を支援する制度のことです。

2015年までは複合型サービスという名称でしたが、
看多機の名前に変わりました。

従来の患者さんが病院へ通う、入院する、
スタッフが患者さんのもとへ訪問介護するの3つに加え、
訪問看護も含まれているのが特徴です。

1つの事業所で患者さんが全てのサービスを受けられる

ヘルパーと男性16|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

それぞれのサービスは、
別の事業所が請け負うのではなく、
1つにまとまっているのもポイントです。
決まったスタッフが常に担当してくれるので、
患者さんも親しみやすいというメリットもあります。

また1人の患者につき
1つのサービスだけしか対応できないということはありません。
例えば1週間のうち、5日は訪問看護を受けて
残り2日は通院するという選択もできます。

24時間体制を踏まえると看護師側への影響は大きい?

パソコンをする看護師2|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

看多機のサービスの中には、
機能強化型訪問看護ステーションと呼ばれる
24時間体制のシステムがあります。

いつでもサービスに応じられる点から
2014年の診療報酬改定でも評価されましたが、
一方で看護師さんをはじめとする
看多機を行う側への負担も懸念されているようです。

看護師さんの休む時間はきちんと確保できるか

頭痛に悩む日本女性2|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

24時間体制ということは、患者さんからしてみれば、
いつ呼んでも助けてくれるという認識を受けてしまいます。
しかし看護師さんだって睡眠や食事などの時間は必要ですから、
代わりに患者さんを助けてくれる、別の看護師さんも必要です。

裏を返せば、十分なスタッフがいない事業所は、
1人当たりの休息時間が少なくなる可能性を秘めています。
看多機は患者さんが自宅で療養したい、
余生を過ごしたいという願いを叶える画期的なシステムです。

しかし看護師さんにとっては、
患者さんの要望に応える分だけ多忙になることも考えられます。
これらの問題をどのように解決していくかが、
今後重要となるでしょう。
14 件

関連するまとめ

避けられない患者の死 看取りに向き合う看護師の心得

避けられない患者の死 看取りに向き合う看護師の心得

| 5views
みんなどのくらいもらっているの?管理職の看護師の年収とは

みんなどのくらいもらっているの?管理職の看護師の年収とは

| 156views
必要以上に悩まない!看護師の不安を軽くする考え方のヒント

必要以上に悩まない!看護師の不安を軽くする考え方のヒント

| 89views
3色や4色タイプが必須アイテム!看護師におすすめのボールペン4選

3色や4色タイプが必須アイテム!看護師におすすめのボールペン4選

| 204views
大切な休日を無駄しない!メンタリストDaiGo直伝!怠けタイムとは!?

大切な休日を無駄しない!メンタリストDaiGo直伝!怠けタイムとは!?

| 196views

このまとめのキーワード