infy [インフィ]

休日だけ髪色を変えたい看護師に「ウィッグ」という手があった!

休日だけ髪色を変えたい看護師に「ウィッグ」という手があった!

せめて休日だけでも髪色のオシャレを楽しみたいという看護師は、ウィッグを試してみませんか?

| 229views
お気に入り追加 0
看護師は清潔感ある身だしなみが大切ですよね。
ヘアカラーはダークな色という
看護師が一般的です。

休日くらいはオシャレをしたいという人は、
ウィッグを利用するのも一つの手です。
手軽に髪のオシャレが楽しめます。

ファッションウィッグの値段はどのくらい?

ウィッグって高そうなイメージが
ありませんか?

医療用ウィッグは高価なものが多いですが、
ファッションウィッグには安価なものもあり
激安ウィッグも増えています。

人毛だったり、総手植えだったりすると、
価格は数万円になりますが、
人工毛(ファイバー)で機械植えなら
1万円以下で見つかります。

激安の店なら3,000円程度のものもありますので、
まずは安いもので試してみたい人でも
手軽に買うことができるでしょう。

休日に髪色を変えてみたい看護師は、
試してみてはいかがでしょうか。

ウィッグを選ぶときのポイント

ウィッグにはフルウィッグと
ポイントウィッグがあります。
看護師が休日に髪色を変えたいなら
フルウィッグがよいでしょう。

ウィッグは人毛と人工毛があり、
それぞれメリットとデメリットがあります。
人毛の場合、一番のメリットは自然であること。
自分の髪の毛のように、シャンプーしたり
コテを使ったりすることもできます。
デメリットとしては、価格が高いこと、
お手入れをマメにしなくてはいけないことなどが
あります。

人工毛のメリットは価格が安いことや、
若い人向けのデザインが多いことなどがあります。
一方、デメリットは人毛に比べると
不自然なテカリがあること、
静電気を起こしやすいことなどです。
人工毛でも耐熱ウィッグならコテを使って
スタイリングすることができます。

また、機械植えのウィッグは、
つむじが不自然なものもあります。
機械植えのものを選ぶときは、
つむじが自然に見えるかどうかも
チェックしておきましょう。

ウィッグのお手入れ方法

ウィッグの日常的なお手入れで大切なのは
ブラッシングです。
絡みやすいので使用前と使用後に
ブラッシングをしておきましょう。

ウィッグを傷めないためには、
専用のブラシでブラッシングしてください。
また、ブラッシング前にウィッグ用エッセンスを
スプレーすると摩擦が軽減されますので
絡まったウィッグもブラッシングしやすいです。

ウィッグは毎回洗う必要はありませんが、
何回か使用したらシャンプーしましょう。
ウィッグを洗うときは、水を張った洗面器に
シャンプーやリンスを入れて混ぜ、
押し洗いをします。

洗った後は、タオルに包んで水分を取ってから
そのままタオルの上で乾燥させます。
ゴシゴシ拭くと摩擦でウィッグが傷むので
優しく扱いましょう。
看護師が髪色を明るく変えて
休日のオシャレを楽しみたいときに、
ウィッグは便利です。

髪色だけでなく、ヘアスタイルまで
普段とガラッと変えることもできますので、
気分転換にいかがでしょうか。
11 件

関連するまとめ

看護師は身だしなみも大切!好感度アップの髪色とは

看護師は身だしなみも大切!好感度アップの髪色とは

| 514views
新人だけじゃない!看護師業務でレポートを書く機会や作成のコツ

新人だけじゃない!看護師業務でレポートを書く機会や作成のコツ

| 78views
知っておこう!看護師資格をはく奪される「行政処分」について

知っておこう!看護師資格をはく奪される「行政処分」について

| 202views
ルールづくりが必要!看護師が造影剤の注射を行う場合の注意点とは

ルールづくりが必要!看護師が造影剤の注射を行う場合の注意点とは

| 286views
助産師とはどう違う?産婦人科の看護師の仕事内容とは

助産師とはどう違う?産婦人科の看護師の仕事内容とは

| 910views

このまとめのキーワード