infy [インフィ]

【今さら聞けない】よく耳にする看護アドボカシーって何?

【今さら聞けない】よく耳にする看護アドボカシーって何?

患者にはかかすことのできない看護アドボカシー。 実際、どんなことをするの?と思っていても今更聞けない看護師の為にお届けします。

| 497views
お気に入り追加 0
アドボカシーとは、「権利擁護の主張」を意味するものです。
これを看護の領域に当てはめると、患者の権利擁護になり、患者の命や安全を守りながら援助をする、これを看護アドボカシーといいます。

わかりやすくいえば、自分で意思決定が難しい患者さんや高齢の患者さんなどの代弁や、患者のご家族と今後の治療の方針を看護師が行うということです。

そんな看護アドボカシーの役割と意義について説明していきます。

看護アドボカシーってどんなことをするの?

「患者アドボカシー」とは【患者の代弁者】【患者相談窓口】という意味合いで使われます。

そして、実践するには以下の様なことが求められてきます。

◆患者の代弁者になる

看護アドボカシーは、患者にとってかかせない存在です。
看護師が患者の気持ちをいち早く読み取っていかなくてはなりません。

小さなお子さんや高齢の患者が病名やその症状、また今後の治療方針など理解できないことが多いので、看護師が「つまり○○ということですね?」「もう少しわかりやすくご説明お願いします」というように、患者が理解できる環境を作っていきます。

このように代弁をして医療スタッフと患者の距離を縮めることが重要な役割になってきます。

◆患者の権利を守る

看護アドボカシーは、患者にとってかかせない存在です。
看護師が患者の気持ちをいち早く読み取っていかなくてはなりません。

小さなお子さんや高齢の患者が病名やその症状、また今後の治療方針など理解できないことが多いので、看護師が「つまり○○ということですね?」「もう少しわかりやすくご説明お願いします」というように、患者が理解できる環境を作っていきます。

このように代弁をして医療スタッフと患者の距離を縮めることが重要な役割になってきます。

◆患者側に情報を提供する

患者とそのご家族が決定するとしても、病状を把握しているだけでは判断が難しいでしょうし、リスクも大きくなります。

その為、判断に必要な情報を提供したり、適切な治療法を提案していくことが求められます。
看護アドボカシーとは、看護師個人の思い込みや判断、また患者に成り代わるということではありません。

看護アドボカシーの問題点

子供の視力低下を知らせる10のサイン/原因と対処法 - マーミー

看護アドボカシーを行うのは、リスクも伴います。
なぜなら看護師個人の責任感から自身を患者の身として考えてしまうことがあるからです。
看護アドボカシーとは、看護師個人の思い込みや判断、また患者に成り代わるということではありません。

あくまで患者の代弁者としてサポートしていくことが看護アドボカシーとしての役割です。

こまめなヒアリングを行う

19 件

関連するまとめ

こんな人ばかりだったらいいのに…看護師に好かれる患者の特徴

こんな人ばかりだったらいいのに…看護師に好かれる患者の特徴

| 265views
もう一段上へステップアップ!患者の人生を変える看護師とは?!

もう一段上へステップアップ!患者の人生を変える看護師とは?!

| 462views
【身近にもいるかも?】看護師のストーカーになりやすい患者さんの共通点

【身近にもいるかも?】看護師のストーカーになりやすい患者さんの共通点

| 890views
看護師として、反省したこと

看護師として、反省したこと

| 754views
患者さんの ”ヘルスリテラシー”  高めるにはどうすればいいの?

患者さんの ”ヘルスリテラシー” 高めるにはどうすればいいの?

| 343views

このまとめのキーワード