infy [インフィ]

再就職…。長いブランクは面接にどう響くのか?

再就職…。長いブランクは面接にどう響くのか?

ブランクのある看護師さんが再就職する際の、面接時の影響についてお話します。

| 1,277views
お気に入り追加 0
休職ではなく退職の場合、
復帰するなら改めて就職活動をする必要があります。
しかし理由が育児など、長期に及んだブランクの場合、
経験が重要な看護師さんの再就職は難しいとも言われます。

面接時の様子から、詳細を探っていきましょう。

どうして前の職場を辞めたかは正直に

生後2日目の赤ちゃん|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

面接に影響するポイント1つ目は、
なぜ前の職場を辞めてしまったのかです。

結婚や出産などであればそのまま話してしまっても良いのですが、
人間関係に嫌気がさした、給料が少ないなど、
そのまま言うとマイナス評価されてしまう理由もあります。
うちの病院でも同じ結果になるのではと、
相手も不安になってしまいますよね。

ですから、もしネガティブな理由で退職したのなら、
自分の能力を活用できる現場を探しているなど、
前向きな言い方で伝えましょう。
貴院なら活かせそうだと、理由も合わせて伝えると好印象ですよ。

ブランクを埋めるために具体的にしていることは?

打ち合わせ、相談、面接風景|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

実際に勤務するにあたって、
知識が不足しているのも
ブランクがある人に共通することですね。

直球で「ブランクがあるけど大丈夫か?」
という質問をしてくる面接官もいます。

「大丈夫です」とか、「頑張ります」という
前向きな答えをするのは良いのですが、
面接官が求めているのは何が大丈夫で、
どう頑張るかという中身の部分。

勉強をしているなどブランクを気にしない根拠があると、
採用の確率は上がるみたいです。
ほかの質問でも、具体性は大事ですね。

再就職先にも勉強の手段があるかを確認しよう!

セミナー風景 カンファレンス|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

また面接では、こちらが答えるばかりでなく、
質問する機会を設けてもらえるケースもあります。
資料や見聞きした範囲で不足している情報を得るのは大事ですが、
特に研修のような、学ぶ手段があるかを
チェックしてみましょう。

自分で勉強することはもちろんですが、
現場でしかわからないこともたくさんあります。
特に再就職者を優先してくれたり、ブランクがあっても良いとする医院なら、
勉強は看護師さんに丸投げではなく、相応の対策はしているはず。

独学で補えない部分を病院側がカバーしてくれそうか、
改めて勤務に適しているか否かを考えるのも、成功のコツです。
ポイントは正直かつ具体的に
というところでしょう。

きちんと答えさえすれば、
看護師という職業は離職率が高いこともあって、
決して再就職は不可能ではないんですよ。
11 件

関連するまとめ

ブランクを取り戻す!看護師が復職するためのコツ

ブランクを取り戻す!看護師が復職するためのコツ

| 1,014views
ブランクのある看護師が復職前にできる準備5つ

ブランクのある看護師が復職前にできる準備5つ

| 1,238views
ブランクのある看護師が復職するために知っておくべき5つのこと

ブランクのある看護師が復職するために知っておくべき5つのこと

| 451views
看護師に復職!ブランクについて気をつけたいこと

看護師に復職!ブランクについて気をつけたいこと

| 489views
「その病院、私に合ってる?」3分でわかるナースの転職先相性診断!

「その病院、私に合ってる?」3分でわかるナースの転職先相性診断!

| 1,835views

このまとめのキーワード