infy [インフィ]

知っているようで知らない・・・?抗がん剤の副作用、把握していますか?

知っているようで知らない・・・?抗がん剤の副作用、把握していますか?

抗がん剤を投与した際に発生する可能性がある、副作用について紹介します。

| 173views
お気に入り追加 0
抗がん剤は文字通りがんを治す薬ですが、
強力ゆえに副作用も持ち合わせています。
1つだけではなく、
投与直後以外のタイミングで
発生することもあるのですが、
全てご存知ですか?

投与直後に出る副作用

花粉症|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

まずは抗がん剤を与えた直後に現れるもの。
代表的なのはアレルギー反応で、
アナフィラキシーなど
危険な状態に陥るケースも存在します。
そのほか、熱が出る、汗をかく、
嘔吐してしまう、血圧が下がると
言った症状が出るようです。

1週間ほどでお腹に関わる副作用も

トイレ|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

続いては抗がん剤を投与して
2日から1週間ほどで発現しやすい症状。
嘔吐してしまう、吐きそうになる
と言った症状は引き続き起こりやすいです。
加えて便秘や下痢、食欲がわかなくなる、
全身がだるいと言ったケースも。

3週間目までは骨髄の抑制に注意

血圧を測る手元1|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

2週間以上経過すると、
今度は口の中や血液に副作用が現れます。
口内炎や、白血球をはじめとする
血液中の成分が減ってしまうのです。
成分が減ることで貧血を引き起こす可能性もあるそう。
下痢や便秘と言ったお腹の問題も
継続して起こりやすいので注意しましょう。

脱毛は4週間目以降に生じることが多い

写真素材 足成:車椅子1

最後は4週間目以降です。
これより後にだけ発症する副作用はほとんどないようす。

抗がん剤の副作用として、
思い浮かべる人の多い脱毛がまず該当します。
ほかでは腎機能の低下や感染症、手足のしびれなどです。
体の末端部分に対して発生する症状が目立ちます。
副作用は様々でも、
特定の時期から発症するものが多いですね。
どの時期から何の症状が起こりやすいのか覚えておけば、
万が一患者さんに副作用が出た場合、
すぐに対処することができますよ。
14 件

関連するまとめ

子宮頸がんワクチンの危険性、説明できる?

子宮頸がんワクチンの危険性、説明できる?

| 152views
これで解決!血液製剤の種類に関する「なに?なぜ?どうして?」

これで解決!血液製剤の種類に関する「なに?なぜ?どうして?」

| 20,964views
ステロイド剤の副作用について、正しい知識を持っていますか?

ステロイド剤の副作用について、正しい知識を持っていますか?

| 2,703views

このまとめのキーワード