infy [インフィ]

【海外】オーストラリアと日本で比べてみた!看護師の働き方の違い

【海外】オーストラリアと日本で比べてみた!看護師の働き方の違い

看護師という職業は世界各国にあります。海外の看護師と日本の違いってどんなところでしょうか?

| 1,017views
お気に入り追加 0
特に、海外の医療系のドラマを見ていると
看護師の仕事の範囲やドクターとの関係が
日本と違うことに驚くことがあります。
実際は、どうなのでしょうか?

日本にあって海外・オーストラリアにないものは?

日本オーストラリア国旗|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

日本で看護師になるには、
国家試験に合格しなければなりません。
オーストラリアでは、国家試験がありません。
では、どうするのか?

オーストラリアは、登録制なのです。
看護協会への登録をしないと看護師として働けません。
もちろん、規定があり、クリアしないとダメです。
英語力は必須。その他は、看護資格に値する能力と学位の保持です。

例えば、日本人で看護資格がない人が
オーストラリアで看護師として働こうとしたら?
最低、3年間の看護学の学士課程を修める必要があります。

そして、英検1級以上の語学力。
医療関係に特化した英語力テストもあります。
ハードルは、かなり高いと言そうです。

日本とオーストラリアの「看護師」に対するイメージの違い

無料の写真: 医師, 医療, 医学, 健康, Stetoscope, ヘルスケア - Pixabayの無料画像 - 563429

州によっての違いはあるようですが、
日本に比べると労働条件や待遇面は恵まれているようです。
社会的な地位も確立されており、比較的高いと言ます。

上位看護師になると、一般看護師に指示を出し
自分の責任において処置をすることが認められています。
ある意味、医師と同等の立場、看護をすることが可能です。

専門性も高く、プロフェッショナルとして
尊敬される職業となっています。
それに比例して、給料も比較的高額です。
勤務スタイルもフレキシブルで、残業もありません。

具体的にはなにが違うの?海外と日本の仕事の内容

無料の写真: 高血圧, 中心部, 医療, 不健康, 慢性薬, 医学, 心臓病 - Pixabayの無料画像 - 867855

業務は完全に分業化されています。
医療だけでなく、海外ではよくあるケースです。

採血・検査・食事の配膳などは、専門職の担当がいます。
もちろん、日本の病院でも分担しているところもあります。
が、明確に分かれて、職業として確立されています。

日本人なら、ちょっとしたことならお手伝い・・・
と、思いますが、それもなし。ドライです。
他の人の仕事はとらない。これは、原則です。

看護資格がなくてもできる業務は看護助手に任せます。
各病棟に1人は配属されていて、看護師が専門的に
行う薬剤投与、処置、記録以外のすべてを担当します。

分業によって、職員1人あたりの負担が減ります。
それが、サービスの向上につながると考えられています。
オーストラリアの看護師、かなり専門的な職業です。
日本の看護師も専門的な知識を必要としますが、
それ以上の知識と責任が問われるようです。

高給とりなのも納得ですが、ストレスも多そう。
それでも、あまりある魅力ある職業と言えそうですね。
11 件

関連するまとめ

外国で働きたい人必見! 海外看護師になるための3つのポイント

外国で働きたい人必見! 海外看護師になるための3つのポイント

| 853views
海外で働きたいのに語学力が…!?~短期間で語学を身につけるコツ~

海外で働きたいのに語学力が…!?~短期間で語学を身につけるコツ~

| 636views
助産師とはどう違う?産婦人科の看護師の仕事内容とは

助産師とはどう違う?産婦人科の看護師の仕事内容とは

| 362views
教えてもいいの?看護師が患者さんから連絡先を訊かれたときの対処法

教えてもいいの?看護師が患者さんから連絡先を訊かれたときの対処法

| 1,417views
飲み会の多い職場で働く新人看護師が知っておきたい心得とは

飲み会の多い職場で働く新人看護師が知っておきたい心得とは

| 658views

このまとめのキーワード