infy [インフィ]

小林麻央さんの心を救った看護師さんってどんな方・・・?

小林麻央さんの心を救った看護師さんってどんな方・・・?

小林麻央さんの心を救った看護師さんの真相を見ていきます。

| 1,204views
お気に入り追加 0
闘病生活で苦しんでいた小林麻央さんの
心を救ったのは、家族だけでなく
入院していた病院の看護師さんも
大きく関わっていました。

患者さんにとって看護師さんの存在とは?

看護師は患者さんにとって1番近い存在であり、
1番患者さんのことを近くで見ています。
小林麻央さんが自身のブログでも綴っていたように、
人は関わった期間は関係なく、たとえそれがたったの数日だけだったとしても
相手に大きな影響を与え、生涯忘れることのない人物となることもあるのです。

どんな看護師さんが小林麻央さんを救った?

それでは小林麻央さんの心を救った看護師さんは、
どのように彼女を闘病生活の暗闇から救ったのでしょうか?

入院しているときは心身ともに弱っていて、どうしても弱気になってしまい
全てをネガティブに考えてしまいがちです。
そんなときに1番の心の支えになるのが看護師たちなのです。
1番近くにいる第三者からの支えは素直に受け入れやすいのです。

看護師の「心のケア」があってこそ患者さんも辛い闘病生活を乗り越えられるのです。
小林麻央さんも看護師さんに心を救われた患者さんの1人です。

看護師さんと患者さんの関係性

看護師は病気と闘う患者さんを毎日見ています。
そんな看護師も強い心と優しさがなければ、看護師自身も心が折れてしまいます。
患者さんが頑張って病気と闘っているからこそ看護師も強く優しくなれるので、
その面ではお互いが支えあっている素敵な関係性が見られます。

小林麻央さんも、看護師さんに支えられ闘病生活の闇から抜け出すことができ、感謝の気持ちをブログでも綴っています。
たとえ病気が完治していなくても、「生きる」という強い意志があれば、自分のため、家族のため、関わっている人みんなのために頑張れるのです。
患者さんは不安や恐怖を抱えて病気と闘っています。
その心をサポートするのも看護師の大きな役割で、そのサポートに救われた患者さんは多くいます。
小林麻央さんのように、看護師さんのサポートで人生をポジティブに考えられるようになったという患者さんもいることから看護師の存在の大きさがわかりますよね。

私も患者さんの心もケアできるような看護師になろう!
11 件

関連するまとめ

「プリセプター」って辛い! 新人看護師とうまく接するコツとは

「プリセプター」って辛い! 新人看護師とうまく接するコツとは

| 896views
夜勤はどうする?母子家庭の看護師が転職するときの3つのポイント

夜勤はどうする?母子家庭の看護師が転職するときの3つのポイント

| 193views
看護師という仕事、本当は文系と理系どちらが向いてる?

看護師という仕事、本当は文系と理系どちらが向いてる?

| 2,217views
休日だけ髪色を変えたい看護師に「ウィッグ」という手があった!

休日だけ髪色を変えたい看護師に「ウィッグ」という手があった!

| 86views
看護師の勉強ノートにも大活躍!「Evernote」とは

看護師の勉強ノートにも大活躍!「Evernote」とは

| 3,362views

このまとめのキーワード