infy [インフィ]

乾燥の季節だって崩れやすい!長持ちベースメイクの作りかた

乾燥の季節だって崩れやすい!長持ちベースメイクの作りかた

乾燥する季節のはずなのになぜかメイクが崩れやすい。メイクを長持ちさせるベースメイクとは?

| 188views
お気に入り追加 0
乾燥して目元や口元は
カサついたりしているのに、
Tゾーンは崩れやすい。
そんな悩みを持つ人は多いようですね。
崩れ知らずのしっとりツヤ肌を作る
ベースメイクのやり方をご紹介します。

カサつくのにどうしてメイクが崩れるの?

女性と鏡5|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

この季節は肌の乾燥が気になりますよね。
とくに目元や口元などはカサつきが気になってしまったり皮が剝けてしまうなんてことも。
しっかり保湿をしてメイクのりのいい肌を作りたい!
そう思っているのになぜか崩れやすくなってしまう。

その原因は肌から出る皮脂と温度差。
乾燥した肌は潤いを与えようと皮脂を分泌させます。
崩れさせたくないから乳液やクリームを省いてしまったりするのは逆効果です。
また、外は寒いのに電車や職場は暑かったりなどで汗ばんでしまうこともテカリの原因に。
今の時期空気が乾燥していて皮脂もそんなに出ないからどちらかというと保湿重視です。

ベースメイクの前にしっかり保湿を

化粧水を手にのせる女性(パーツ)5|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

メイク崩れの原因がわかったところで、メイク崩れしにくい肌を作るやり方ご紹介します。
まず保湿はしっかりとしましょう!
夏と同じコスメでは保湿力が足りないことも多いので、季節ごとに変えることをおすすめします。
保湿が不十分だと、肌は皮脂を出して潤そうとしてしまい、結果メイク崩れの原因となってしまいます。

朝の美しいメイクを長持ちさせるためにも、メイク前のひと手間は欠かせません!
スチーマーや蒸しタオルでメイク前に数分間肌を温めてあげるとその後の化粧水の浸透力も高まりしっとりモチモチ肌に。
血行もよくなるので肌トラブルの改善にも効果的です。

その後化粧水をたっぷりとつけてお肌に潤いを与えましょう。
そして最後は乳液でお肌に潤いを閉じ込めることを忘れないでくださいね。
乾燥した肌にベースメイクを施してもヨレたり崩れたりで1日保たないので
メイクの前に例えば服を選ぶだとか他の事をしながら化粧水を染み込ませたコットンパックをしたりすると時短になるのでオススメです ◎

崩れ知らずの肌に仕上げる!ベースメイクのやり方

化粧・スポンジとメイクブラシ1|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

保湿をしっかりしたらベースメイクをス タートさせます。
下地は決められた分量だと多く感じるかもしれませんが、記載されている分量を丁寧に塗っていってくださいね。
その後軽くティッシュオフすることがポイントです。
このひと手間がテカリを防止して崩れにくくしてくれます。

とくにパウダーファンデーションやお粉を使用する人は肌がサラッとした状態でつけないとヨレの原因にもなります。
最後に化粧崩れ防止の化粧水などをひと拭きすれば、よりしっとりツヤ肌を長持ちさせることができるのでおすすめです。
このミストの最大ポイントはテカリの原因でもある皮脂をおさえてくれるのでテカらない!!!
フェイスパウダー同様、メイクしたてを1日KEEPできちゃう!!!
肌の水分・油分まで奪っていってしまうような季節もみずみずしく潤った肌でいたいですよね。
しっかり保湿をしてメイク崩れしない肌を作りましょう。
14 件

関連するまとめ

この夏【冷却コスメ】が来てる?!冷たくて崩れにくいって本当?

この夏【冷却コスメ】が来てる?!冷たくて崩れにくいって本当?

| 861views

このまとめのキーワード