infy [インフィ]

看護師になりたい!という気持ちを応援する、奨学金制度について

看護師になりたい!という気持ちを応援する、奨学金制度について

看護師の奨学金についてまとめました。学費を払うためうまく利用して、憧れの看護師になりましょう!

| 116views
お気に入り追加 0
看護師になりたいけれど、看護学校の学費が高くて躊躇しているという人もいるでしょう。ですが、看護師業界は奨学金が充実しているんですよ。看護師の学費の奨学金についてまとめました。

病院からの奨学金を狙う

看護師業界は、まだまだ成り手の足りない売り手市場です。学校を卒業したあと、指定された病院で一定期間看護師として働くことを条件に、学費の奨学金を支給している病院は少なくありません。この病院からの奨学金の場合、学費の他に教材費や実習費・設備費もすべて援助してくれることが多く、返済も免除されるケースが多くなっています。ただ、看護学校を中退したり、国家試験に合格できなかったり、約束を破って他の職場に就職した場合は奨学金を返済しなければなりません。奨学金を申し込む前に、勤務条件などをしっかりリサーチしておく必要がありますね。
「病院奨学金を受ける病院を決める」、ということは、「看護師になってからの就職先を決める」ということに他なりません。

「日本学生支援機構」の奨学金 無利子の場合

病院の他に、「日本学生支援機構」という団体も、奨学金を支給しています。返済義務はありますが無利子の奨学金があり、成績基準が定められているほか、経済的に就学が困難であると判断された場合に貸与されます。基本的な額は、大学の場合は初年度180万円、短大の場合は150万円、専門学校の場合は130〜180万円貸与され、自宅から通学するか、自宅外から通学するかによっても変わってきます。
申請にあたっては、成績基準が明確に設けられており、家庭の収入状況と合わせて審査されますが、 仮に基準を満たしていても全員が採用されるわけでない選抜型の奨学金であることを理解してください。

「日本学生支援機構」の奨学金 有利子の場合

同じく日本学生支援機構の奨学金には、有利子のものもあります。こちらは成績基準がなく、借りる金額も月3万円・5万円・8万円・12万円の中から自分で選ぶことができます。在学中は利子が発生せず、その後も利子は3%が上限となっています。奨学金利用者の多くは、この有利子の奨学金を利用しています。
第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された人に貸与します。
さまざまなタイプの奨学金がありますね。返済義務はないけれど就職が決まっているタイプの奨学金も、返済義務がある奨学金も、将来のことを考えて事前のリサーチをしっかりするのが大事です!
14 件

関連するまとめ

一体いくらかかるの?看護師になるために必要な学費

一体いくらかかるの?看護師になるために必要な学費

| 112views
気になる!看護師の男性ってどんな働き方をしているの?

気になる!看護師の男性ってどんな働き方をしているの?

| 103views
あなたは何ができる?知っておきたい、看護師としての役割とは

あなたは何ができる?知っておきたい、看護師としての役割とは

| 89views
合格発表はどれを選ぶ?看護師国家試験の結果確認方法3つ

合格発表はどれを選ぶ?看護師国家試験の結果確認方法3つ

| 87views
【人間関係】先輩看護師が怖い!職場でどう付き合っていけばいい?

【人間関係】先輩看護師が怖い!職場でどう付き合っていけばいい?

| 84views

このまとめのキーワード