infy [インフィ]

折角妊娠したのに…。職場での妊婦看護師の立ち回り!

折角妊娠したのに…。職場での妊婦看護師の立ち回り!

看護師が妊娠したときの職場での処世術について、ご紹介しましょう。

| 113views
お気に入り追加 0
ただでさえ忙しい看護師が
子育てするとなると、
職場での人間関係も
悩みの種になりやすいものです。
今回は妊娠した時の
職場での処世術をご紹介します。

安定期まで待つ必要なし!妊娠がわかったら早めに報告する

妊娠がわかっても「安定期じゃないから」
「まだおなかが目立たないから大丈夫」などの理由で、
上司や周囲に報告しない人がいますが、
これは良くありません。

看護師は流産・早産になる割合が高いので、
赤ちゃんを無事に育てるためには
妊娠初期からの配慮が必要です。

安定期まで待たず、妊娠初期のうちに
職場に報告しておくことで
周囲の理解やフォローが得られます。

逆に報告しないでおくと、
つわりなどの体調不良が起きたときに
職場に迷惑をかけることになり、
人間関係に影響を与える可能性があります。

また業務上、感染のリスクも高いので
スタンダードコンプリーションを
しっかり講じることが大切ですが、
これも妊娠の報告をしていないと
周囲から不審がられる可能性もあります。

スムーズに夜勤免除を取るには?

労働基準法に
「妊産婦の時間外労働、休日労働、深夜業の制限」
というものがあり、
妊娠した看護師は夜勤免除を申請できます。

これは自分から申請して初めて免除されるもので、
法律や就労規則で
「妊娠○週目から夜勤免除になる」と
記されているものではありません。

そうはいっても、医療現場は人手不足なので
なかなか夜勤免除を申し出ることは
難しいものです。

夜勤免除をスムーズに取るには
かかりつけの産婦人科で
「夜勤免除の診断書」を
作成してもらうのがベスト。

産婦人科では自分が看護師であることを伝え、
定期健診にはきちんと行って
体調を診てもらいましょう。

看護師は身体を動かす仕事なので
もともと流産・早産のリスクが高い上に、
前置胎盤や妊娠高血圧、子宮頸管無力症といった
自覚症状がないリスクが
生じる可能性があるからです。

こまめに休息を入れるように心がける

妊娠すると血液が増えるので
循環器に負担がかかり、
動悸や貧血が現れる妊婦も少なくありません。

無理に動き回って倒れたり、
ミスをしたりするようなことになると
職場に迷惑をかけることになりますし、
流産につながってしまうと大変ですから、
なるべく座る機会を増やすようにしましょう。

申し送りのとき、記録をつけるときなどは座って行い、
2~3分でいいので折を見て座って
休憩を取るように心がけます。

妊娠していても普段通りに動ける人もいれば、
つわりや動悸、貧血がひどくて
業務に支障が出てしまう人もいるように、
妊娠に伴う症状はさまざまで個人差が大きいものです。

周囲は辛さがどれほどのものかわからないので、
自分で体調を把握し、無理をしないことが大切です。
妊娠したら早めに上司や周囲に報告しておくと、
その後の体調不良や夜勤免除の申請などが
スムーズになります。

また仕事も無理をしないように、
自分で業務内容を管理していくことも大切です。
12 件

関連するまとめ

お局様もびっくり!?後輩たちがやってのけたトンデモ処世術

お局様もびっくり!?後輩たちがやってのけたトンデモ処世術

| 1,466views
【infy読者限定!】たった数時間であなたの人間関係が変わるセミナー

【infy読者限定!】たった数時間であなたの人間関係が変わるセミナー

| 2,013views
【ママさんナースにおススメ】子育てがもっと楽になる便利グッズをご紹介!

【ママさんナースにおススメ】子育てがもっと楽になる便利グッズをご紹介!

| 524views
もうイライラしない、すぐに使えるアンガーマネジメント3つのテクニック

もうイライラしない、すぐに使えるアンガーマネジメント3つのテクニック

| 6,767views
これだけはお願い!!看護師が恋人に求める最低限のこと3つ!

これだけはお願い!!看護師が恋人に求める最低限のこと3つ!

| 3,012views

このまとめのキーワード