infy [インフィ]

要注意!医療ミスを起こさないためのポイント3つ

要注意!医療ミスを起こさないためのポイント3つ

看護師が医療ミスを起こさないための3つの方法をご紹介します。

| 771views
お気に入り追加 0
あってはならない医療ミス。
看護師であれば、常に危険と
隣り合わせですよね。

医療ミスを起こさないためには、
看護師はどのような点に注意
するべきなのでしょうか。

薬の確認は慎重に!声を出して確認してみよう

吊るされた点滴|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

看護師の医療ミスで多いのが、
投薬に関するミスみたいです。

指示通りに動いたとしても、指示が
間違っていた、という例もあるみたい。
投薬については慎重に!少しでも
おかしいと感じた場合には、声を出して
周囲の看護師にも確認する癖を
つけると良いようです。

そのためには、薬剤に関する知識も
身につけておいたほうが安全ですよね。
口頭での指示はインシデントにつながりやすく、
口頭での指示はしっかり確認するようにしましょう。

病院内の安全管理の見直しも重要

無料の写真: 注射器, Kanuelle, ワクチン接種, 使い捨て注射器 - Pixabayの無料画像 - 1574486

注射器の取り違えも重大な医療ミスを
引き起こしがちのようです。
取り違えなどが起こらないように、
注射器の色を変えるなど、病院内の
安全管理で曖昧な点があれば、
積極的に改善していくのも看護師の
務めなのかもしれませんね。

慎重に確実に業務をこなして
いても起きてしまう医療ミスが
あることでしょう。事前に危険因子は
摘み取ると良いのではないでしょうか。
インシデントレポートのファイルがある場合は、他人事で済まさず、
自分も同じことを起こしてしまうかもしれないと考えながら、目を通しましょう。

疲労はたまってない?体調管理も大切!

日本人女性リラックス60|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

医療ミスを引き起こす看護師には、
疲れすぎが原因のこともあるみたい。
医療ミスを未然に防ぐためには、
体調管理も大切なことですよね。

「疲れていた」という言い訳は
通じないので、休憩時間や、
休日には、しっかりと休み、
体調管理は万全にしておきましょう。

体調が万全であれば、医療ミスも
起こりにくいのではないでしょうか。
多忙な業務の中、命を預かる仕事としてプレッシャーも大きいですが、
患者さんが安全に療養生活を送れるように、
基本を遵守した看護業務を行っていきましょう!
どんなに気をつけていても、
起きてしまうかもしれない医療ミス。
しかし、看護師の心がけ次第では
格段に医療ミスを減らせるかも
しれませんよね。

できるだけ慎重に行動する
ようにしてくださいね。
14 件

関連するまとめ

どうやって防ぐ?新人看護師に多い医療ミスと注意すべきポイント

どうやって防ぐ?新人看護師に多い医療ミスと注意すべきポイント

| 608views
新人だけじゃない!看護師業務でレポートを書く機会や作成のコツ

新人だけじゃない!看護師業務でレポートを書く機会や作成のコツ

| 78views
知っておこう!看護師資格をはく奪される「行政処分」について

知っておこう!看護師資格をはく奪される「行政処分」について

| 202views
ルールづくりが必要!看護師が造影剤の注射を行う場合の注意点とは

ルールづくりが必要!看護師が造影剤の注射を行う場合の注意点とは

| 286views
助産師とはどう違う?産婦人科の看護師の仕事内容とは

助産師とはどう違う?産婦人科の看護師の仕事内容とは

| 910views

このまとめのキーワード