infy [インフィ]

【時代の波?】いつのまにか使われなくなっていたケア用品

【時代の波?】いつのまにか使われなくなっていたケア用品

いまはもう使われなくなってしまったケア用品を集めてみました。

| 296views
お気に入り追加 0
化粧水に石鹸など現在では
肌に良いケア用品が
身近にありますが、
日本に導入され始めたのは
明治時代後半の頃です。

昔の人は何を使っていたのでしょうか?
時代とともに使われなくなった
ケア用品を紹介いたします。

昔は石鹸の代わりに、米ぬかが使われていた

無料の写真: 石鹸, 自然派化粧品, 羊のミルク石鹸, 香りの石鹸, バラの香り - Pixabayの無料画像 - 1735991

現在でも、米ぬか成分由来の
スキンケア用品はたくさん出ていますが、
昔は米ぬかそのものを使用していました。

米ぬかには、ビタミンB群やビタミンE,
アミノ酸、油分、ミネラルなど
美肌効果に良いとされる細分が
たくさん含まれています。
昔の人は、精米した後の糠を
布袋に入れて身体や顔を洗っていました。

昔から、肌の色が白いことが
美人の条件として重要だったので、
美肌・美白効果がある米ぬかは、
ケア用品としてとてもスタンダードなものでした。
米ぬかに含まれるセラミドやフェルラ酸にはメラニンの生成を抑制する働きもあることから、美肌や美白効果があります。そのため、美容の分野では米ぬかを使った化粧品や石鹸などに利用されています。

化粧水は「美人水」という、ヘチマ水が使われていた

無料の写真: バスボール, ミント, ウッドラフ, 自然派化粧品, ウェルネス - Pixabayの無料画像 - 1617472

当時の人々には「美人水」や「花の露」
という名前で親しまれていました。
現在でもヘチマ成分のケア用品はありますが、
時代の移り変わりとともに
あまり見られくなってきました。

当時のヘチマ水は、
単純にヘチマの根や茎を切った
切り口からにじみ出てくる液を、
そのまま肌につけて使用するケースが主流でした。

ヘチマには紫外線などのダメージから
肌を守る「ブリオール酸」や、
葉や茎の汁には肌のキメを整える
「サポニン」が豊富に含まれているので
保湿・美肌効果があります。

昔の人の美しい黒髪の秘訣は、椿油だった

無料の写真: 麗水, 椿の花, 心臓, ハート - Pixabayの無料画像 - 665519

昔はシャンプーやリンス、石鹸もなかったので
洗髪をすることはほとんどありませんでした。
男女問わず長髪スタイルが
主流だったので手間もありますし、
1年に1回程度、米のとぎ汁や
植物の皮をお湯で浸した液で
髪をゆすぐ程度だったと言われています。

それでも艶やかな髪をキープできたのは、
椿油のおかげです。
椿油はケアケアだけではなく、
肌のスキンケアとしても使用できますが
移り変わりとともに、椿油のみでケアを
行うことは少なくなってきています。
昔から親しまれているものには、
それなりの根拠があります。

現代ではオーガニック思考が
流行っていたりするので、
ケア用品を手作りして
使用する方もいると思います。

ぜひ参考にして、
健やかな肌を手にしてください。
12 件

関連するまとめ

これぞジェネレーションギャップ…!時代とともに失われていったケア技術

これぞジェネレーションギャップ…!時代とともに失われていったケア技術

| 123views

このまとめのキーワード