infy [インフィ]

乳首の黒ずみにハイドロキノンが効果的な理由とは何か?

乳首の黒ずみにハイドロキノンが効果的な理由とは何か?

乳首の黒ずみを解消するためには、ハイドロキノンがとても効果的です。ハイドロキノンを使うときには、トレチノインも一緒に使うと相乗効果を発揮します。使用前には下地を塗って刺激を和らげるようにしましょう。また、長時間の使用は肌を痛めるので控えてください。

| 136views
お気に入り追加 0

乳首の黒ずみに効果的な成分とは?

最近、乳首の黒ずみにハイドロキノンを使おうとしている女性が増えています。ハイドロキノンというのは、割と簡単に入手できるものなので、黒ずみを解消したい方にとってはお勧めです。ただ、注意点もありますので、これからハイドロキノンを使おうとしている方は、今回の記事をご覧になってください。

乳首の黒ずみピンク化女子会【黒いちくびをピンクにする17の方法】

乳首の黒ずみピンク化女子会【黒いちくびをピンクにする17の方法】

乳首の黒ずみにハイドロキノン

乳首の黒ずみを解消するためには、ハイドロキノンという成分が有効なのですが、そもそもハイドロキノンとはどのような成分なのでしょうか。ハイドロキノンというのは、肌の漂白剤と呼ばれています。そばかすやシミ、そして乳首の黒ずみに対してかなり有効であると近年話題になっています。ハイドロキノンというのは、昔は写真の現像に使われていたのですが、実はそのときに現像をしていた人の肌が白くなったので美白効果があると発見されたという歴史があります。そして、今となってはハイドロキノンは乳首の黒ずみを治すための美容商品として販売されており、個人でも簡単に入手することができるようになりました。ただ、乳首の黒ずみを改善したいときには、トレチノインと一緒に使われることが多いです。ハイドロキノン自体は刺激が強いので、使う前にはしっかりと使い方を理解して、くれぐれも使いすぎることがないようにしてください。
ハイドロキノンの働きとは?

ハイドロキノンはメラニンを合成する酵素(チロシナーゼ)を弱くします。
そのため、メラニン色素の産生を抑える事が出来ます。

また、それだけでなく、メラニン色素を排出するメラノサイトそのものを減少させる成分です。

なぜハイドロキノンで乳首の黒ずみが解消するのか?

"・ハイドロキノンの効果とは?

なぜハイドロキノンを使うことで乳首の黒ずみが解消されるのでしょうか。ハイドロキノンというのは、今あるメラニンの色を薄めることができます。また、メラニン色素の生成を抑えることができますので、黒ずみの解消に非常に効果があります。そもそも、なぜ乳首の黒ずみが発生するのかといいますと、その理由にはメラニンがあるからです。体内で生成されるメラニンがたくさん溜まることによって、肌が黒ずんでしまいます。しかし、ハイドロキノンを使うことによって、だんだんメラニンの生成が抑制されるようになり、メラニンの数が減っていくので乳首の色も戻るというわけです。さらに、今のメラニンの色を薄める効果もハイドロキノンにはあるので、その効果によっても乳首の黒ずみが薄くなりやすくなります。この効果は非常に高く、市販の化粧品に含まれている成分よりもずっと強力です。また、ときには10倍から100倍もの効果を発揮することができるので、ハイドロキノンがいかに乳首の黒ずみ対策に良いのか理解できると思います。

・トレチノインがあるとさらに効果的

実はハイドロキノンというのはトレチノインと一緒に使用されることが多いです。なぜなら、トレチノインはハイドロキノンの肌への浸透をサポートしてくれるため、黒ずみ改善の効果がより強くなるからです。ハイドロキノン自体乳首の黒ずみを解消するための有効成分がたくさん配合されているのですが、やはりトレチノインを使った方がより効果を発揮しやすくなります。その上、トレチノインは新陳代謝を強烈に促す効果があるので、乳首に貯まったメラニンを強制的に押し出すことができます。そのため、乳首の黒ずみを改善するのにとても役立ちます。そのため、ハイドロキノンとトレチノインの二つを一緒に使うことによって、相乗効果によって乳首の黒ずみを解消することができます。"
トレチノインでターンオーバー促進して、シミや色素沈着したメラニンを角質層にどんどん持ち上げ、ハイドロキノンで漂白していく方法ですので美白の相乗効果が高まります。

乳首の黒ずみはハイドロキノンで解消

トレチノインとハイドロキノンをセットで使うことによって、より乳首の黒ずみを解消することができます。では、ハイドロキノンだけで乳首のケアをするときにはどのようにすればいいのでしょうか。基本的には下地を先に塗ることが大事です。下地になるような成分を先に塗ることによって、肌への刺激を和らげる効果があります。そして、その後にハイドロキノンを塗ることによって乳首の黒ずみを解消することができます。下地になる成分としては、ビタミンC誘導体ローションを使用するといいでしょう。ビタミンC誘導体にはハイドロキノンやトレチノインなどの副作用を和らげる効果があるので、必ず塗っておきましょう。そして、塗るときには乳房全体に塗るようにするといいでしょう。こうすることによって、ハイドロキノンなどが乳首以外の部位に付着して、関係ないところまで副作用や効果が出るのを防いでくれます。下地を塗るのは手間がかかりますが、副作用を予防するためには必要なので必ず行なうようにしてください。ただ、ハイドロキノンもトレチノインも刺激が非常に強いので、長時間の使用はあまりお勧めではありません。使うときには、3ヶ月使った後には1ヶ月肌を休ませるなどしてください。
17 件